住宅で大切な4つのこと-湿度 | 健康最優先の家づくり専門工房 | 愛知県名古屋市北区 株式会社創住環(そうじゅうかん)

住宅で大切な4つのこと-湿度

目安は40~60%!室内の湿度をコントロールして健康的な暮らしを

快適な家づくりの第一条件は、湿度管理です。

そう申し上げても言い過ぎではありません。

なぜならば、湿度を管理できない家は、不快なだけでなく、人間の健康や家の耐久性に悪影響を及ぼすからです。

残念ながら、日本の家のほとんどは、湿度をコントロールできる力を持っていません。

それでは、湿度を適切にコントロールし、健康で長持ちする家づくりの条件とは、いったい何でしょうか?

快適で健康的な湿度とは?

  • 室内で快適な湿度は40~60%とされています。40%以下になると目や肌、のどの乾燥を感じるだけでなく、インフルエンザウイルスが活動しやすくなります。

    反対に60%以上になるとダニやカビが発生するようになります。

    この湿度、人間の肌感覚で計ることは難しいようです。

    制御機能付きのエアコンで常に温度がコントロールされているような室内では、湿度に鈍感になってしまいます。

    湿度計を使って快適な湿度を管理したほうがよいでしょう。

湿度管理ができない家は、ダニが発生しやすくアレルギーを引き起こす

  • 湿度管理ができない家は、家のいたるところで結露が発生しやすくなります。

    結露がカビ発生の原因になることは、先ほどご説明した通りですね。

    カビが増えると、カビを栄養源にするダニも増殖しやすくなります。

    相対湿度が94%の環境下においては、2時間が経過すると、わら5gあたり400匹近くものダニが増殖するのです。

    (「建築設計資料集成・1・環境」(日本建築学会編・丸善刊)より)

    ダニそのものよりも、ダニの死骸やフンが原因となって人体のあらゆる器官でアレルギー症状を引き起こします。

本気の全館空調をお見せいたします。