自然素材について | 健康最優先の家づくり専門工房 | 愛知県名古屋市北区 株式会社創住環(そうじゅうかん)

自然素材について

無添加住宅誕生のきっかけは、体調不良を訴える一人の女性との出会いでした。

私たちは、その体調不良の原因が家の中の空気、すなわち化学物質だと推測し(のちにシックハウス症候群と判明)、その原因を排除した家づくりを始めました。そこでお手本にしたのがシックハウス症候群の無かった頃の昔の家づくりです。
昔の家は土と木、そして草や紙などで構成され、バランスがとれていました。その考えを軸に現代の家づくりに合うよう何度も吟味を重ね、自然素材に徹底的にこだわって完成させたのが「無添加住宅」です。
また、フランスとスペインに挟まれた小さな国「アンドラ公国」を訪れた際に私たちは天然石や漆喰で造られた家の素材とデザインに感銘を受けていました。その家は築300年、400年を経ても美しさ保っていたのです。その二つの要素が共生した家が無添加住宅です。

  • 「身体に良くないものは使わない」こんな当たり前のことにこだわりました。

    衣や食は優しい物を選べるのに住宅は選ぶことができないのはおかしい。
    「無添加住宅」は「身体に良くないものは使わない」という当たり前のことにこだわりました。
    食べられるくらい安全な素材を使用することで、VOC等の化学物質を極限まで排除しました。
    例えば、オリジナルの建具や家具を制作する際には、接着剤に米のりを使用するなど、様々な取り組みを行っています。
    また、資材や工法に科学的な実験・検証を繰り返すとともに生産から流通までトータルで自社が管理し、安心安全を確保しています。
    その結果、まるで森の中に居ると錯覚してしまうような室内空気環境を実現しました。

本物の天然素材ならではの付加価値のある建材。
それは飽きのこないデザインと経年変化による美しい風合い。

  • 表情豊かな自然素材を使って職人が手作りする家は、世界に一つだけのもの。

    何世代にもわたって人々が住み続け、美観が損なわれることなく存在しているフランス南西部にある町のよう。 自然素材の家は、時と共に深みのある雰囲気を醸し出し、愛着が湧きます。経年変化による美しさや風合いは、天然素材ならではの唯一無二な付加価値です。 無添加住宅ではキッチンや洗面、家具、建具、ドアノブ、取手など、オリジナルデザインを採用しています。

室内空気環境へのこだわり
愛媛大学との共同研究

安心安全な無添加住宅オリジナル素材(一例)

  • オリジナル漆喰

    オリジナルの洋風漆喰です。調湿作用で室内の温度変化を緩和し、エアコンの電力量を削減します。科学接着剤は一切使用していません。

  • 炭化コルク

    天然素材100%の断熱材です。高温による炭化過程で自らの樹液で固まるので接着剤は必要ありません。

  • 無垢材

    他の住宅のように身体に良くない薬剤による殺虫処理はしません。燻蒸・冷凍殺虫をしています。

  • 米のり

    米は熱によって高分子化し、固まると植物繊維のセルロースという木と同じようなものに変化します。木を接着するのに最適な伝統素材です。

  • 天然石

    天然石は無機質ゆえ身体に影響を与えません。水に強い弱いなど、石種により様々な性質があるので、適材適所で使用しています。

  • 柿渋

    木材に独特の風合いを醸し出す伝統の塗料です。防虫・撥水作用があります。シンナー(有機溶剤)などの入ったペンキは使用しません。

素材へのこだわり
各種素材への検証実験

集成材「米のり」加工過程

  • キャビネットの扉(米のり集成材)

    細かな部分まで塗りもれがないように手作業で米のりを塗布します。機械ではできない大変手間のかかる作業です。
    「身体に良くないものは使わない」無添加住宅は、そんな当たり前のことに取り組んでいます。

建材のトレーサビリティ

無添加住宅ではお客様の安心安全を確保するために原材料の調達から加工、輸送、国内配達までの過程を管理することによって、商品からさかのぼって履歴情報を確保できるようにしています。