家づくりの流れ | 健康最優先の家づくり専門工房 | 愛知県名古屋市北区 株式会社創住環(そうじゅうかん)

家づくりの流れ

夢をかなえる15のステップ

1.家族でプラン・イメージをふくらまそう

どんな家に住みたいか、どんな理想を形にしたいか…
お住まいの家族全員の意見を出し合って、理想の住まいのイメージを膨らませましょう。
合わせて創住環のホームページで、私たちの住まいに対する想いや、健康最優先の家のコンセプトなどをご覧ください。

2.創住環へのお問い合わせ

プロの意見を聞いてみましょう。
私たち創住環は、お客様の住まいのご要望はもちろん、ご家族の暮らしぶりや趣味、将来の夢など、できるだけ詳しく伺います。
そこから、これまでの経験や実績を踏まえた独自の視点と発想力で、お客さまの想像以上のご提案を実現するため、プランを繰り返し検討します。

3.ライフプランニング・資金計画

家作りは色々な費用が発生します。
先々の支出を把握し、安心して暮らせる資金計画を立てましょう。
創住環では銀行の融資手続き代行や、借り換え手続きの代行、フラット35の手続き等承っております。
無理のない資金計画は、私たちにご相談ください。

4.土地購入・建て替えの敷地調査・地盤調査

土地からお探しのお客様にはご要望に沿った土地をご紹介いたします。
土地の購入や仲介手続き、中古住宅、家の事なら何でもご相談ください。
調整区域の分家申請、建築開発申請、上下水道設備申請、敷設工事も当社にお任せください。
[敷地調査]敷地の環境について、風・太陽・方位などを調査します。
[地盤調査]地域の過去の実績などの解析データなどを使い、液状化などを調査します。
[法的調査]調整区域や市街化区域などを含めて、関係法令の全てを調査します。

5.プランニング

お客様から頂いたご希望、現地調査の結果などを踏まえ、費用を相談しながら、創住環が目指す省エネルギー化と健康最優先の家をご提案いたします。
合わせて概算資金計画書もご提案いたしますので、ご家族で話し合いをする基礎としてお使いください。
ご家族それぞれの希望が反映されているか、追加する内容はないかなど、具体的な話し合いをしてください。
ご希望があれば、私たち創住環も同席させていただきます。
より深くお客様の要望を知ることができれば、満足度の高いご提案をすることが可能です。

6.工事請負契約

これまでの話し合いによる建築プラン・お見積りに全てご納得いただいてから契約書をかわします。
私たち創住環とお客さまとの生涯のお付き合いがここから始まります。

7.建築開始

いよいよ本格的な家づくりが始まります。
Step5でご提案した設計提案書を資料とし、設計士との家づくりの打ち合わせが始まります。
思い描いた未来予想図が形になる歓びはオーダーメイドの醍醐味です。

8.設計図書本設計業務

当社の設計士とお話をしていただきながら、決定された図面について再度、ご確認をして頂きます。
ご確認頂きました設計図書に関して、施工図等の関係図面や建築確認申請の図面に約2週間かけて変更します。

施工図が完成しましたら再度確認して頂きまして、再確認での承認式建築確認申請図面に添付いたします。

9.建築確認申請

建築確認申請は、承認図を基に作成して、申請手続きを行います。
瑕疵担保履行責任保険の申請も同時に行います。

個別にお客様専用の工事工程表をご提出いたします。
詳細部のご確認をして頂けるように、工事監督とフォロー社員と直接お話をして頂きます。

10.地鎮祭

建築の神様は、東海地区は、 猿田彦神社さんをお願いしております。
ご宗教や神社さん等のご指定があれば、 お申し出下さいますようにお願いいたします。

11.建物配置の確認承認

地鎮祭終了後に、敷地にて、建物配置に図面に沿って敷かれた、地縄をご確認いただきます。

問題点等なければ、工事着手してまいります。
この時に、当社の工事監督をご紹介いたします。
棟梁も時間等調整が整いましたら、ご紹介いたします。

12.上棟式

上棟式を行い、いよいよ建物の全体像が見えてきます。
弊社では建物の質を高めるため、各工程で第三者機関の検査を実施します。

13.工事

創住環は品質重視の工務店です。自慢の職方が建物の施工を行います。

14.竣工・完成

待ちに待った夢のマイホームの完成です。
営業担当者、工務担当者による社内竣工検査を行います。
お客様と関わった社員一同で感動と喜びを分ち合うと共に、 建物のお引渡しと、設備などの取扱説明を行います。

15.アフターフォロー・メンテナンス

代表奈木野が年に一度お家の状態やお客様のご要望がないか、 ご挨拶に向かわせていただいております。 お客様にいただいた「ご縁」を大切に、これからも末永くお付き合いをさせていただきます。