ヒートショック予防の家 | 健康最優先の家づくり専門工房 | 愛知県名古屋市北区 株式会社創住環(そうじゅうかん)

ヒートショック予防の家

ヒートショックは、他人事に思わないで。誰にでも起きることがある。

年間19000人の方々が、  死亡事故の被害になられています

この数は、年間交通事故の4倍

誰もが、関係ないと思ってしまう悲しい現実。

実際には、高齢者が14000人統計も出ています。

でも、5000人もの若い方やなくなられています。人は、温度落差に弱く、血管伸縮では、心筋梗塞や脳梗塞などを発症してしまいます。

昔は、寒いは、気合。 暑いは、ガマンと言われていましたが、この記事を読まれたら、「そこ‼間違いです」あたなの勘違いと傲慢で、大切な人を失いますよ

健康最優先の家の特徴がここにも

家の中には、温度差が、2度以上あるとヒートショックになる事もあります。出来る限り、リビング(人のいる場所)玄関(通過したら人がいない)など浴室や脱衣所や廊下にトイレなど、温度落差が激しい家は、健康被害が続出しています。もう平成も終わり、令和にから家族に優しい家を真剣に建築しませんか。

(例)日本人の年配の方が良く思う事、冷暖房費がもったいない。他の国の人を見てみろと我慢して寒い思いをしてる。日本は贅沢だと言われることもしばしばありますが、実は、お隣の韓国も暖房費は、日本の約2倍です。ヨーロッパは6倍という統計も出されています。昭和の頃に建築した父とお爺ちゃんの大切な家でもちゃんと断熱工事を行うと冷暖房費を軽減できることを知ってほしいです。

健康最優先の家のコンセプト

全棟、気密試験を現場で実施します。その性能を数値で提出します。1を切る事が絶対で、0.5以下をめざす家づくりは、丁寧に職人の愛情がこめられないとできない数値の家です。中途半端な気持ちで、健康最優先の家は建築できません。


家で、普通にrelax コントロールして頂くことで、健康増進に繋がる。普通に暮らすだけで健康増進をして頂けるように、考え抜いた家です。

ヒートショック0をめざす家

階段や廊下で、転倒事故も未然に

かぜや病気の予防に配慮をする 換気を計画的に行う。

温度や湿度も調整可能な時代に、体感温度や建物温度低下を防ぐ事で、血管伸縮を防ぐ事や空気の乾燥を防ぐ事で、快適性を損なわない事。眠りを妨げないような湿度や温度に、体を休める事で、健康を維持できるような環境を整えたいと願い続けた結果が、今の住宅技術に繋がっています。

健康最優先は、もう常識と言って過言ではありません。豊かな日本で生活する上で、食・衣・住のすべてが、揃いましたが、住宅だけは、世界の先進国の中で、住宅の品質や冷暖房環境などは、最低レベルであると思います。Newsで、地球温暖化や医療費が過去最高というNewsがありますが、住宅に一見関係ないと思われるかもしれませんが、実は、重大な関係性を持っています。

日本の子供(中学生まで)医療費0円です。老人65歳以上になると医療費負担が1割です。確かに収入のない子供やお年寄りには、手厚いケアです。私も子供を持ち介護のお父さんを持ち透析中の母も持っていますので、医療費のケアをついては非常に助けられています。しかし、住宅がなぜかというと人生の3分の1は寝ていると言われています。また、休日や外出前は、家で寛いだり、準備をしたり、もちろん、入浴や勉強もします。となれば、家は、人生で1番長い人生の時間を過ごす場所でもあります。その場所を書エネルギー化する事は当たり前になりましたが、病気になりにくい、体にやさしい空間にすることが望ましい時代になってきました。家を高性能且つ人の体に優しく、体の調子を整えるような家にしたら、過去最大の医療費40兆を削減することにつながると思います。子供たちの成長で、風邪をひく回数が減らせたら、家で、風邪やインフルエンザのリレーを減らせたら、国の医療費削減になり、将来的には、Newsで言われる国民1人当たりの借金負担を軽減できる。地球環境にも貢献して、なおかつ健康。

人生を楽しく、健康に、病気をしていても、体への負担を軽減させることで体調を整える効果や体力や免疫を向上させることで、健康に近づく事を日々の生活で行う事で、健康的で、楽しい毎日が遅れると人は、ゆとりに満ち合揺れる事で、人に優しくなれると僕は考えています。

家は、人にとって本当に大切な場所

家族を育み、家族を守る場所、子孫繁栄は、家の反映であり、日本の繁栄の歴史現在、少子高齢化の時代に突入していますが、いつの日か、またベビーブームが来ることを祈りつつ、お出会い出来る皆様の幸せな住宅空間を丁寧に作り上げていきます。ぜひ、お会いできる日を楽しみにしております。