健康的な水のある暮らし | 健康最優先の家づくり専門工房 | 愛知県名古屋市北区 株式会社創住環(そうじゅうかん)

健康的な水のある暮らし

3年前に出会った感動‼

家まるごとで、この品質!

証拠がある浄水器(日本で唯一の浄水器協会認定商品)

 一目瞭然。他社圧倒の技術力

  この資料と掲載した残留塩素濃度です。

 日本の高度成長期に、敷設された水道本管は、老朽化したもので、50年経過しているものがあります。

その配管設備が、配管が破損して、噴水のように吹出した水が道路を通行止めにしている様子がNewsになる事がります。

このような、日本の配管設備は、地方や市街地に行くと設備が古く、公共工事だけでは、行き届いていない場所も出てきています。

その水道配管が老朽している関係で、配管に劣化が著しく進み、鉄さびの問題や不純物などが水道水に流れ込んでくることも考えられるようになってきました。

このように、安全安心の日本でも、公共施設の老朽化の影響で、私たちの生活にも影響を及ぼすことがあるようです。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、さまざまな要因が組み合わさって発症すると      言われています。

皮膚のバリア機能の低下(経皮感作)(乾燥)

バリアとして機能する皮膚の表層は皮脂膜、その下の角層、顆粒層によって成り立っています。

この皮膚バリアのなかの皮脂膜が少なく、角層に水分を保持する力が弱いと、角層が乱れてめくりあがります。

(ここでは、保湿や極度の乾燥を避けるような試みや入浴時の過度な水温などにも注意必要と思われます)

そのため、角層の隙間からアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)などが入りやすくなり、かゆみの神経に刺激を与えます。

また、角層の隙間から水分が蒸発して乾燥することも、かゆみを引き起こす原因になります。

条件が重なり合う事で重症化するケースもあるようです。

遺伝的な要因や生活環境的要因も注意が必要

家族にアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎など)がある場合、アトピー性皮膚炎を発症する確率が高くなります。

生活環境中に存在するアレルゲンである、ダニ、ハウスダスト、カビ、ペットの毛などが皮膚症状を悪化させる原因にもなります。

精神的及び職場環境や学習環境などの原因も

下記のような精神的なストレスによっても皮膚症状は悪化する場合があります。

  • 職場が忙しすぎる(慢性的な疲れ)
  • 休みが取れない (精神的な負担)(疲れ)
  • 睡眠不足    (疲れ)(不安)(肩こり)(運動不足)
  • 人間関係がうまくいかない(ストレス)
  • 受験      (不安ストレス)
  • 親子関係    (不安)(関係性からストレス)(精神的負荷)

などなど、アトピー性皮膚炎になる。もしくは、悪化する要因は、あるようですが、日々の生活環境で、

水や湿度や温度と総合的に、体の調整を整える事で改善傾向になる場合もあると考えられています。

負の要因や負の要素を書いてみましたが、単純に、眠れる環境や入浴の際に、負担軽減なども解決の要素になると思われます。

(参考意見です)

物理的な刺激を避けることが望ましい。

衣類、化粧品、毛髪などによる直接的な刺激がかゆみを増す原因になります。

 また、日々の生活水(飲料水)など水道水に含まれる有害物質なども除去したりと配慮や時間をかける事で、

体の免疫作用(抗体)などの過敏な反応がいくつかの要因に重なる場合もあるようです。

黄色ブドウ球菌

アトピー性皮膚炎が、黄色ブドウ球菌などによって引き起こされることもあるもあるようです。

症状

体のさまざまな部位にかゆみを伴う湿疹

(皮膚が赤みを帯び、ぶつぶつやかさつきを伴う)

が生じて、よくなったり悪くなったりを繰り返します。

乾燥しやすい冬、汗をかきやすい夏に症状が悪化することが多いです。

皮膚症状が起こりやすい体の部位として、下記が挙げられます。

  • 額      (乾燥肌の症状・通称:はたけ)
  • 目の周り   (あかくなったり・かさかさになったり)
  • 口の周り   
  • 膝関節の裏側
  • 体    (洋服の下)(下地の下)(お尻など)

また、年齢によって皮膚症状が少しずつ異なります。

乳幼児(1歳未満)

皮膚症状は頭からはじまり、顔、そして体幹、手足に広がります。

皮膚の赤み(紅斑)やぶつぶつ(丘疹)がみられ、頭や眉毛には、黄色いかさぶたのような湿疹ができます。

これらの症状は乳幼児湿疹と似ているため混同されることもあります。

幼児・小児期(1歳~15歳)

この時期になると、肘や膝関節の内側を中心に、あせものような発疹やじくじくした発疹がみられます。

また、ごわごわと皮膚が厚く硬くなってしまった状態(苔癬化(たいせんか))になることもあります。

僕がおすすめする浄水器は、僕自身がアトピー性皮膚炎で、苦しんだ子供の頃から病院に通いました。

だからというわけではないですが、情報を集めて、自分で使ってみて、いいものは、真っすぐ正直に、使ってもらいたい。

エビデンスのあるものでなければならない。業界には、色々なものがあります。怪しいものは、僕は、NGです。

ちゃんと性能数値を検証したものは、紹介したと思います。体に優しいというものは、健康最優先の家には、積極的に組み入れていきたいです。