空気が綺麗が1番です。 | 健康最優先の家づくり専門工房 | 愛知県名古屋市北区 株式会社創住環(そうじゅうかん)

空気が綺麗が1番です。

僕が、空気のこだわる理由は、健康最優先の家にするには、目に見えない部分の空気(呼吸する)この空気には、皆さんがご存知の通り、空気感染する病気がある事は、お聞きした事があると思います。 (代表的なものが、ウイルス感染)しかし、空気中に含まれるものは、ベンゼン(ガソリン等に含まれる化学物質)ホコリ(コンタミ)砂(黄砂)P M 2.5・P M 1.0(微粒子:肺炎の原因物質) 花粉など目に見えない物質が浮遊しているとしたら、でも何も特別なことではなく、機械を1台ついているだけで、十分に、室内空気が綺麗になれる。     誰も教えてくれない電磁集塵機を付けるように勧めています。空気が綺麗が1番です。高気密高断熱の住宅は、一見、省エネルギーが注目を集めますが実わ! 昔の家と比べると隙間がないので、省エネ化するわけですが、空気がよどむことも想像するのかもしれません。ここで、空気の供給量についても着目しています。室内の空気を換気する量にも着目しています。私は、ついているから大丈夫程度の換気計画だけでは、不可能になっている。特に既存のメーカーが供給している3種換気扇だけでは、空気の換気交換がうまく機能していない状況も見受けられている。健康最優先の家については、色々な場面で検討を重ねて作られています。

plus 1 という意味で、この設備機器をご紹介しています。この設備を使う場合には、気密測定を行う良質な家だけです。空気を制御できない家は、使うことが出来ません。健康最優先の家には、皆様に、ご提案しています。

外気清浄機で解決|24時間換気用フィルターでPM2.5・花粉・黄砂の侵入を防ぐ外気清浄機 (電磁集塵機)

換気の原則は、外の空気が室内よりきれいなことですが、現在の建築基準法の基準では、新築住宅を建てる際は、24時間換気(計画換気)の設備が義務付けられています。つまり外の空気が汚れていると、24時間換気により常に汚れを含んだ外気をお家の中に取り込んでいることになります。

多くの24時間換気システムには外気の汚れを取るフィルタがついています。目の細かいフィルタは目に見えないような小さな汚れも捕集できますが、時間が経つと目詰まりを起こし換気風量が低下します。目の粗いフィルタは換気風量の低下は防ぐことができますが、目に見えない小さな汚れは捕集できず素通りしてしまいます。

汚れをしっかり捕集し換気風量も維持できる「外気清浄機」は、PM2.5より更に小さいタバコの粉塵(0.5マイクロメートル以下)を処理できるフィルタリング技術「電子式集塵フィルタ」を搭載しています。「電子式集塵フィルタ」とは、金属の極板を数ミリ間隔で積み重ねた構造で、そこに電圧をかけ粉塵を吸着させます。そのため、一般的なろ過式フィルタと比べて目詰まりを起こしにくいため長時間変わらない換気風量と、PM2.5のような目に見えない小さな粒子も98.5%捕集という高い集塵力を実現しました。

この集塵機は、素晴らしい健康性能を実現するものです。この開発製造を行うメーカーは、50年以上の会社で、たばこ社会の分煙室などの機械を開発しています。煙草を喫煙しない方の健康を考えてつくあっれた技術が、生かされた技術で住宅の室内空気品質を品質は、人の健康に深く関係しています。