V O Cとは、何?と思われる人も | 健康最優先の家づくり専門工房 | 愛知県名古屋市北区 株式会社創住環(そうじゅうかん)

V O Cとは、何?と思われる人も

床の上30㎝が汚い空気である事を知っていますか❓

でも、大丈夫、建築技術が進化し続けているので、換気技術も進化しました。

その進化した技術を計画的に使えば、大丈夫。

何がと思われる方は、この先も読んでください。

想像して見て下さい。

ママさんへ

キッチンでお料理しているとき、お鍋に火をかけて、お湯を沸かしたり、煮たりしますよね。

その際に、暑くなると水蒸気が出てきます。

液体が気体になる瞬間ですが、その水蒸気が、上にもくもくと上がる理由は、熱が加えられ続けているから空気の上昇気流とともに、

水蒸気が上に上がっていきます。その先には、ご存知の通り、大きな換気扇があり、臭いの付いた空気を換気してくれています。

(ただし、キッチンの換気扇は、風量が大きくて、吸い上げる力があります)

では、ここで、パパへ

トイレの際に、○○っこしたら、水蒸気が出ますが、

便器の中にある水で急速に冷やされていることを想像できると思います。

はい、ここで、トイレにある換気扇は、本当に小さいものが大半です。イメージ写真はこちら。

先程、熱が加えられているから空気が動くと書きましたが、トイレではどうでしょうか?

熱は、体の熱以外、令暖房器具は、ほとんどの家庭ではお見受け致しません。

ですから空気が上昇気流を起こす要素がなく、臭いの付いた空気が窓上の換気扇口まで引き釣り上げられる事はありません。

(ここも大切なヒント)

株式会社 創住環 僕が、家の建築関係についたのが、今から約20年前です。

当初は、無我夢中でしたが、住宅のシックハウス症候群の対策の一環で、24時換気が義務化されるちょうどその頃でした。

はじめは、24時換気扇とは何?と思っていましたが、V O C揮発性物質に、着目すると目に見えない極小の粒子が、

室内に浮遊しているとTVで放送されるようになりました。

その正体は、主に、建築建材や家具に使われる接着剤に含まれている物質でした。

この接着剤に、含まれる物質が、気化して空気中に舞うというものです。

皆様が知っている範囲で伝えるとフォースターという基準F☆☆☆☆が梱包資材に印刷されています。

この表示が、国土交通省が定めた健康基準値をクリアした認証としてすべての建築建材に印字や印刷をされるようになっています。

しかし、この認証材もまた、揮発性物質を発生させることがあります。

その匂いや臭気でめまいや動機など気分を害することや目がかゆくなったり、落ち着きをなくしたりと人により症状は様々ですが、

現実問題としてあります。この部分を徹底的に見直した家を供給することが建築会社の使命であると思うようになっていきました。

 そんな健康住宅に対応するんは、小さな建築会社で、顔を見れる会社でない限り無理だと思いました。

このV O Cの問題を解決するには、方法は、換気能力向上させた計画換気です。(この方法も厳選素材も一つですが)

  

この写真は、リビングで、家族がくつろぐ写真ですが、

新鮮で、綺麗な空気を供給すると安心して寛いでいただけます。

(臭いがある場合には、換気が不十分)ただし、おしゃれの香りは、別です。

ぼくは、35歳の時、かわいい子供を授かりました。

建築太郎もパパになりました。

お陰様で、健康にすくすくと育ち、2019年5年生になりました。

 僕は、子供の頃から喘息とアトピー性皮膚炎を発症させて、幼少期から病院に通いました。

母に手をつなぎ、バスに乗り、病院まで毎週のように通っていました。だからではないですが、子供に、アトピー性皮膚炎が発症しない様に願いました。

VOCの事、水の事、空気の事、食べ物の事、調べてました。勉強しました。

本当に子どもの力は絶大です。

 だから本当に一生懸命でした。その一生懸命な取り組みで見えたことが、わが子だけではなく、

もしかしたらお客様も苦しむ人が多くいる事を知りました。

もしも、ぼくの建築する家が、快適に、暮らせるならと思い情報発信をするように心がけるようになりました。

45歳の春です。本当にありがたいことに、会社設立から15年、仕事が途切れることがなく本当に幸せな日々です。 

この技術や考え方を情報共有することで、色々な人と話をして、更に、快適な家の建築を出来ないかと考えています。

また、私どもでは、他府県でも、設計業務や基本設計のアドバイスなども引き受けたいと考えるようになりました。

この空気や水の世界は、マニアックです。不透明です。だから、企業様が、研究して作り上げた技術製品を使います。

全国の優秀な技術開発する御会社様を結集させた家づくりです。

実は、今日の目的は、VOCだけど、本当の意味する事は、

健康住宅の定義を伝えたいと考えています。

その目的は、皆さんが本当の意味で健康的な人生を送ってほしいからです。

この写真のご家族のように、家が好きが合言葉です。家で暮らすと元気になるという願いを込めています。 

健康最優先の家の建築内容について

1、高気密高断熱の家を選択して頂きます。

2、換気扇の選択方法をご提案しています。

3、温熱環境の作り方をご案内しています。

4、飲料水の浄水器システムをご提案しています。

5、建物の設計上、窓が開閉はできますが、基本的には、窓は光取りの意味

6、洗濯物は、外に干さない。バルコニー部分は、選択物干し場で室内に

この建物は、お医者様にも聞いたら面白いねと

お褒めの言葉を頂いた仕様です。

なぜお医者様に聞いた理由は、病気を治すのが仕事だけど、

病気に掛かりにくい家を建築される会社があっていいと思うとご評価を賜りました。

僕の提案する家のモデルは、病院の手術室や入院患者ICUなどの部屋です。菌を出来る限り制御する理由は、感染症です。

その病原菌の浮遊や感染の確立を下げる事も大切な予防につながると言われています。この家は、予防だねとご評価いただきました。